補聴器の電池の寿命年数、交換の目安とは

補聴器の電池の寿命年数、交換の目安とは

 

補聴器の電池の価格相場をチェック
補聴器の電池は消耗が激しいですから少しでも安く手に入れたいものです。補聴器の電池の価格はこまめに相場をチェックしてから購入すると良いです。ネットには価格の比較サイトなどがありますので、ご使用の補聴器に合った電池の価格をしっかり比較してみるとよいです。

 

 

補聴器の電池寿命のだいたいの寿命年数は
気になる補聴器の電池寿命ですが、だいたいの寿命年数は4年から5年程と言われています。 しかしその間に汗や湿気、強い振動や衝撃などによって故障が起きたりする事もあり、修理や交換が必要になる場合があります。

 

 

補聴器の電池交換の目安について
補聴器は、空気電池と言う電池で動いています。電池なので補聴器の電池交換は必要となります。交換の目安は、10日から20日くらいとされています。使っている人でも簡単に交換ができるので寿命がきたら交換することが大切です。

 

 

補聴器のボタン電池とは
補聴器のボタン電池とはボタンのような形をした電池です。特徴として小型ではありますが補聴器に使用するときには寿命が短く、およそ二週間程度で寿命になります。微量ですが水銀が使用されていますので、正しく回収に出すことが必要です。

 

 

補聴器の電池である空気電池とは
補聴器の電池である空気電池とは、軽量で小型で大容量で使用でき、電池の構造を上手く利用して効率よく電力を使用できます。 また水銀電池よりも寿命が約2倍と言われていて、補聴器を使用する際に欠かす事のできない物です。

スポンサードリンク