補聴器,健康,医療,保険

スポンサードリンク

補聴器の介護、健康、医療保険適用について

 

ページ内更新情報 

補聴器の保険、病院の相談医
以降を更新しました。 

補聴器の購入に補助金が受けられることがあります
購入時に保険適用できる?という疑問があります。 保険適応にはなりませんが、医師の診断書を取得し、領収書があれば、医療費控除の対象になります。また、聴覚障害の手帳があれば、障害者自立支援法により購入時に補助がうけられます。

 

 

補聴器は一般的な医療保険ではカバーされません
購入費用は一般的に発売されている医療保険ではカバーされません。症状の程度に応じて身障者の認定を受けていれば、市町村などの窓口に相談することで負担額の補助が受けられることがあります。補助の割合は各自治体によって異なります。

 

補聴器の購入に補助金が受けられる?画像
補聴器は通常の健康保険の適用にはなりません
国保などの健康保険の適用にはなりません。ですが、難聴の程度によっては障害者として認定されることがあります。こうした場合には、費用に対して自治体から一定の補助が受けられる制度があるのです。

 

 

補聴器と介護保険は重要
最近では、介護保険や補聴器などとても重要になっていて、介護保険は自動的に年金などから引き落とされるので、かけ忘れなどがなくなります。また補聴器は耳が聞こえにくくなった時にはとても便利でありがたく多くの商品があるので比較して購入できます。

 

 

補聴器レンタルにも介護保険が使えることをご存知でしたか?
性能の良い補聴器は非常に高額であり、性能を我慢して若干安価な物を購入されたりしていらっしゃいませんか? 導入費用を抑えたレンタルを利用すれば、月額数千円で高性能な補聴器が利用できるようになります。
さらにレンタルには介護保険も適用されるため、より金額面の負担が軽減できます。 是非一度、介護保険でレンタルを利用してみませんか?

 

 

補聴器の保険、病院の相談医の画像
補聴器の保険、病院の相談医
保険について、生命保険、健康保険、介護保険の適用を受けることは出来ません。ただ、障がい者総合支援法という法律で適用することはありますが、市町村区によって変わります。 補聴器相談医という人と病院で相談します、相談医は6年ごとに決められた講習を受講し、資格を更新している必要があるので、きちんと患者にあった物を提供してくれます。

 

 

補聴器の保険適用と保険診療について
ここでは、耳につけるための診察から購入までの保険適用について説明します。耳鼻科等で受ける診察や検査は、保険診療の対象となります。しかし、購入は、保険の適用外となってしまいます。ただし、身体障害者福祉法による手帳保持者の方には、その程度に応じ、支給が受けられる制度があります。保険の内容は、各市町村により異なるため、各窓口に問い合わせる必要があります。

 

 

補聴器の健康保険と補助金
専門会社には、保険についての質問が多く寄せられます。現在、作る際には健康保険が適用されません。しかし、居住する地域により、補助金があります。また、値段によっても、補助金の額は違ってきます。価格の一例をあげると、高額な物は数十万円を超えますが、治療に必要な物であることを医師が証明することで、保険適用と同等の金額で手に入れることができます。

 

 

補聴器を紛失してしまった際の保険について
保険で紛失の際に使えるものを挙げてみます。 メーカーで紛失保証が付いた器種であれば、警察への届け出のコピー提出などの手続きで、一回に限り同じ機種が無料でもらえます。 動産総合保険のサービスがある保険に加入していれば、補聴器紛失の分の補償がもらえる場合があります。 介護福祉施設で補聴器を職員に預かってもらい紛失破損があれば、その施設が加入している受託賠償責任保険などが適用される場合があります。

 

 

スポンサードリンク