蝸牛型メニエール病の治療方法は内耳の血液循環を改善する薬です

蝸牛型メニエール病の治療方法は内耳の血液循環を改善する薬です

蝸牛型メニエールの読み方
かぎゅうがたメニエールびょう


蝸牛型メニエール病とは
蝸牛型メニエール病とは、耳鳴りや難聴などの不快症状を引き起こすものす。放っておくと、吐き気や激しいめまい、高度難聴に移行してしまいます。めまいだけの症状だと病院の何科を受診すべきか悩むかもしれませんが、耳鳴りなどの覚えがある場合は耳鼻科を受診しましょう。


耳鳴り吐き気の蝸牛型メニエール病の症状
蝸牛型メニエール病の症状は、耳鳴りや吐き気や嘔吐といっためまいの症状があり、視界の目がぐるぐる回ったり、立っていられないくらいの強い症状があります。また、難聴、耳閉寒感の症状もあり耳に水がはいった感覚も覚えます。


蝸牛型メニエール病の検査等について
蝸牛型メニエール病とは難聴や耳鳴り、耳閉感といった症状を繰り返す耳の疾患です。蝸牛型メニエール病の検査は耳鼻科で行われます。必ず行われる純音聴力検査以外にも、蝸電図等の検査も行い、これらの検査結果を診て診断がされます。


蝸牛型メニエール病の原因
蝸牛型メニエール病の原因のひとつとして睡眠不足や過労などによるストレスがあげられます。主な症状には、低い音が聞き取りにくくなる低音難聴と耳鳴りがあります。通常のメニエール病と違ってめまいの症状がない場合もあります。


耳の病気である蝸牛型メニエール病の治療方法
蝸牛型メニエール病の治療方法は、まず耳鼻いんこう科で処方された薬を服用して安静にすることです。これは一般的なメニエール病の治療方法と同じになります。その他にも蝸牛型メニエール病の治療方法は、内耳の血液循環を改善するための薬を服用することがあります。さらにストレスが原因の場合は、精神安定剤を服用することもあります。


スポンサードリンク