感音性難聴の原因は先天性と後天性とストレスに分けられます

感音性難聴の原因は先天性と後天性とストレスに分けられます

感音性難聴になった場合何科にかかるか
感音性難聴とは加齢やストレスによって音がくぐもって聴こえたりする病気です。この場合、原因が身体的なものと精神的なものに分けられるので、病院の何科にかかれば良いか迷うことがあります。この場合は身体的なものであれば耳鼻咽喉科精神的なものであれば心療内科や精神科にかかることが一般的です。


症状の特徴と進行具合
症状には、聞こえが悪くなる他に耳鳴りやめまいや吐き気を伴うことがあります。この病気の進行は、ゆっくりなので気がつかない人も多いです。しかも両耳とも進行するのが特徴でもあります。そのためこの病気になった場合は、定期的に耳鼻科で聴力検査をして進行具合を把握することが必要です。


感音性難聴が疑われる場合の検査方法について
音は聞き取れるものの内容が聞き取れないという症状を呈する為に、一般的な聴力検査では検査方法として不十分です。その為、この病気の検査方法としては語音聴力検査が採用されます。様々な角度から母音を中心とした発声を聞き取らせる事で、聴力の判断を行います。


感音性難聴の原因について
この病気は内耳から聴神経における故障をいいます。原因は遺伝や出生前のウィルス感染などによる先天性の場合と、髄膜炎や頭部の外傷などによる後天性の場合があります。神経性に原因があり、内耳で音がうまく処理されなかったり、いびつな形で脳に伝達され、相手が何を言っているのかうまく聞き取れなくなります。その他は精神的なストレスが原因となることもあります。


感音性難聴の治療・回復について
治療・回復させる方法として、人口内耳や補聴器を使用することが挙げられます。この病気に合った補聴器を使用することではるかに聞き取りやすくなります。また、耳つぼをマッサージすることも血流がよくなるので、難聴が緩和する効果的な方法といえます。


話し方
内耳から聴神経にかけて障害があることを感音性難聴といいます。補聴器をつけて聞くことができる軽度中度難聴の人でも聞こえ方は人それぞれです。そのため周囲の人は声の大きさ速度など、話し方に気をつける必要があります。少しの気遣いで皆が楽しく話せるのです。


感音性難聴で障害者手帳をもらうには
内耳の部分に障害があり、音が聞き取りづらくなる障害をいいます。この病気は、進行が何十年もかかって重症になるケースが多いため、障害者手帳の交付申請をする際に必要な医学的な証拠資料を揃えることが大変です。


先天性、後天性について
佐村河内守さんの記者会見にあった感音性難聴は、遺伝や出生前のウィルス感染などによる先天性の場合と、髄膜炎や頭部の外傷などによる後天性の場合があります。この病気になると周囲の雑音の中に必要な言葉が埋もれてしまったり、言葉を聞き分けることが難しくなります。


低音障害型感音性難聴とは
低音障害型感音性難聴とは、症状として耳が詰まったような重い感じがしたり、耳鳴りがしたりする内耳に起きる病気です。原因はストレスや疲れ、睡眠不足によるもので患者の多くが、若い世代や女性に多い病気と言われています。


難聴は伝音性難聴と感音性難聴の2つに大別されます
聴覚の能力が低下している状態のことを難聴といいます。難聴は伝音性難聴と感音性難聴の2つに大別されます。難聴の治療には様々なものがあり、投薬による治療や場合によっては手術もおこなわれます。また、補聴器を使用することで難聴による聴力の低下を補うことができます。


難聴の主な種類と違い
聴覚障害は外部からの音声情報を大脳に送るための器官に障害があるために、聞こえにくかったり、聞こえなくなってしまった状態の事をいいます。外耳から中耳にかけて障害があるものを伝音性難聴といい、内耳から聴神経にかけて障害があるものを感音性難聴といいます。


高度感音性難聴とは何か
難聴の度合いはdBで表されます。高度感音性難聴とは、71〜90dBに該当し、補聴器を使っても通常の会話は困難です。そのため、多くの人は手話を使って会話をしています。症状例として、耳のそばで大声を出してもほとんど聞こえないなどが挙げられます。


スポンサードリンク