片耳難聴を患っている人でも幼稚園や保育園の先生になる事は可能

片耳難聴を患っている人でも幼稚園や保育園の先生になる事は可能

片耳難聴を患っている人でも幼稚園や保育園の先生になる事は可能
片耳難聴を患っている人でも幼稚園や保育園の先生になる事は可能で、実際に勤める事も可能です。 しかし採用面接の時に提出する書類に、片耳難聴の事を記入しておく必要があります。 記入する理由は、記入せず書類を提出して採用報告を受けて実際に勤めた後、片耳難聴の事が明らかになった時にトラブルになるのを防ぐためです。

 

 

片耳難聴児の学校生活
片耳難聴児は聾学校ではなく普通の小学校に通うことができます。ただし、片耳難聴だということを周囲に告げていないとトラブルの元となることもあるので、片耳難聴であることを告げて周囲の理解を得ることが大切です。

 

 

片耳難聴の人のプールについて
片耳難聴の方でも、プールは普通通り泳いで大丈夫です。片方がしっかりと聞こえていれば、生活上でほとんど支障はないというのが現状です。もちろん、プールでは耳せんの使用や、水をしっかり抜くことは、大前提となります。第一にすべきは、聞こえている方の耳を大事にするということです。

 

 

片耳難聴の方がダイビングを行う際には
片耳難聴とは片方の耳が聞こえづらかったり、全く聞こえなかったりすることです。  片耳難聴の方がダイビングをする際は、まず、医師に相談して許可をもらってからにして下さい。また、耳抜きを水中でできるかどうかということが重要です。これをできるようにして下さい。  片耳難聴の方の中にもダイビングを楽しんでいる方はたくさんいます。

 

 

片耳難聴は、大学病院などで完治が期待できます
片耳難聴の治療は、大学病院といった最先端な治療を受けられる医療機関で治療が進んでいます。特に耳鼻咽喉科などに優れた医療機関で治療を受けることが大切ですが、以前に比べる片耳難聴は完治を期待することができます。

スポンサードリンク