片耳難聴でもできる仕事とは

スポンサードリンク

片耳難聴でもできる仕事とは

 ページ内更新情報
片耳難聴でも保育士になれる

以降を更新しました。


片耳難聴でもつける職業やできる仕事とは

この疾患の困ったところは、危険を察知するのが遅れるということです。そのため、危険を伴う職業は不向きになります。またコミュニケーションにも配慮してもらわねばならないので、販売などの仕事も躊躇してしまいます。なかにはそのようなハンディを克服して頑張っておられる方も多くいらっしゃいますが、周りの人の理解と協力が不可欠になります。

 

 

片耳難聴はエアラインのパイロットにはなれません
この疾患は残念ながらどうしても職業の制約がでてきてしまいます。 例えばエアラインのパイロットにはなれません。自衛隊のパイロットについても合格基準が設定されており現実的には難しいというのが実際のところのようです。

 

 

片耳難聴で有名なミュージシャンで発症した人もいる
耳の病気の一つに難聴という病気があります。 難聴は両耳に発症する人と片耳のどちらかに発症する人がいますが、珍しい病気ではなく現代の有名なミュージシャンでこの疾患を発症している人もいます。 学校で使う音楽の教科書にも載っている有名な音楽家の1人に、音楽家でありながら両耳難聴を発症した人もいます。

 

 

片耳難聴でも警察官になる事はできる
警察官になるには、警察官採用試験の受験資格というものがあります。 その内容は身長はだいたい160センチ以上、体重はだいたい48キロ以上視力、裸眼視力は両眼とも0.6以上等、体についてです。 その中には色覚や聴力の疾患についても書かれていて、警察官としての職務執行に支障がない事と書かれています。 なのでこの疾患を発症している人でも、発症していない片耳がなんの問題もなければ警察官になる事ができます。

 

 

片耳難聴の場合職務が制限されるおそれがあります

生まれつき若しくは病気をこじらせることが原因で、この疾患と診断される人がいます。 程度によっては通常通りの生活を送ることが可能です しかし、就職となると職種が制限されることがあります。 例えば自衛隊入隊試験では、規程により身体検査で除外されてしまいます。

 

 

片耳難聴でも保育士になれる
この疾患でも保育士を目指している方は多いです。 ハンデがあったとしてもちゃんと保育士になった方はいます。 その時に気をつけることは、就職する際に片耳難聴ということをきちんと話すということです。 職場の方に理解してもらうことにより、安心して働くことが出来るからです。

 

 

片耳難聴と看護師の仕事について
この疾患の症状がある場合にも、看護師として働くことは出来ます。その場合には、難聴をカバーする補聴器などを利用することが一般的には必要になります。医療機関によっては、こういった障害に一定の理解を持つ場合もあるのです。

 

 

片耳難聴でも公務員(教員)になれます
知り合いに、この疾患の公務員がいます。 難聴というと、会話が難しいイメージがあるかもしれませんが、難聴でない人と全くかわりはありません。ただ、会話するときに良く聞こえる側に立って会話をするように気をつけるだけなのです。いつも同じ側で歩くようにしたりすると、普通の人と同じです。毎日同じ席に座ったり、意外と落ち着くものですよ。

 

 

片耳難聴と警察官試験について
この疾患のある場合、警察官になれるかどうかは各都道府県の採用試験の基準によって異なってきます。特に規定が設けられていない場合には、業務に支障がない限り受験出来る可能性がある訳です。どの程度のこの疾患があるかが判断のポイントとなります。

 

 

片耳難聴は音楽を仕事にしているミュージシャンに多い難聴です
音楽を仕事にしているミュージシャンは、仕事柄長時間大音量の環境で過ごしているため、耳鳴りやこの疾患を引き起こします。老化からくる老人性難聴と違い、イアーモールドにより耳を過度に使用することで回復が期待できない場合もあります。症状が出た際には早急に耳鼻科へ受診すると良いでしょう。

 

 

スポンサードリンク