新生児などの片耳難聴の6の原因

新生児などの片耳難聴の6の原因

6の原因
風疹
トキソプラズマ
胎児感染
黄疸
中耳炎
先天性の障害

 

 

新生児の片耳難聴の原因について
新生児の片耳難聴の原因として考えられるのが、様々な感染症です。風疹やトキソプラズマなどが代表的なものとして挙げられます。また、黄疸などの出産時に現われる症状が原因となって片耳難聴の障害が残ることもあるのです。

 

 

生まれつき片耳難聴の方
片耳難聴とは、片耳の聴力がなく聞こえない状態の方をいいます。生まれつき片耳難聴になっている赤ちゃんもいますが、赤ちゃんの場合、なかなか耳が聞こえないと判断するのが難しいです。そのため、生後1週間ほどで検査を行って判断しています。早期発見、治療が重要となります。

 

 

幼児の片耳難聴について
幼児の片耳難聴は、様々な原因で起こります。出産時に正常な聴力がある場合でも、その後の感染症や中耳炎などによって難聴の状態となってしまうことがあるのです。おたふくか風邪や耳の病気には特に注意が必要です。

 

 

赤ちゃんの片耳難聴について
片耳難聴の症状は赤ちゃんにも現われることがあります。検査によって難聴の程度がチェックされるのが一般的です。片耳難聴は胎児感染や先天性の障害などによって、まれに起こります。原因によっては手術で治療も可能です。

 

 

片耳難聴と遺伝との関係
全ての片耳難聴が遺伝してしまうわけではなく、遺伝以外の原因が多い病気です。 それには日頃の生活習慣が関係していることがあり、それには耳掃除で外傷したり、大きな音をイヤホンで聞き続けるなどがあります。 また病気が関係していることなどがあり、遺伝以外の原因が多いです。 そのため片耳難聴が遺伝することが心配であれば、遺伝子検査をすることで分かります。

スポンサードリンク