メニエール病は厚生労働省の特定疾患に指定されている難病のひとつです

スポンサードリンク

メニエール病は厚生労働省の特定疾患に指定されている難病のひとつです

 

難病のメニエール病とは
この疾患は回転性のめまいがあり、難聴や耳鳴り、耳閉感が同時に重なる症状を繰り返します。内耳疾患の 難病です。厚生労働省の特定疾患に指定されている難病のひとつです。めまいがなく低温の聞こえだけ悪くなるものは 蝸牛型メニエール病といいます。

 

 

メニエール病の症状について
この疾患の病状は、突発的に引き起こる激しい回転性のめまいが代表的です。このめまいは数十分続きのが特 徴です。また、めまいと同時に難聴や耳鳴り、耳の閉塞感や吐き気を同時に伴うことが多い内耳の疾患です。

 

メニエール病でめまいになった画像
メニエール病の8つの症状
この疾患の主な病状には景色がグルグル回りだす回転性のめまい、耳鳴り、耳の閉塞感、圧迫感のある頭痛、難聴、吐き気、嘔吐、低い音が聞こえにくくなるといった7つの症状などがあります。

 

 

メニエール病の症状をチェックする
この疾患は、内耳のリンパ液が増えることによる内圧上昇で、圧迫されるために起こる、と考えられています。回転性のめまい、めまい時に起こる耳鳴り、耳の閉塞感、圧迫感のある頭痛、吐き気や嘔吐を感じたときには、この疾患の症状である可能性が高くなります。病気の経過は初期・活動期・慢性期とありますので、早めのチェックで慢性化する前に受診してみましょう。

 

 

メニエール病の症状と病院での治療
この疾患の症状で典型的なものは、めまいです。突然自分の周りの景色がグルグル回りだすというものです。めまいが激しいと吐き気をもよおしたりします。ストレスが原因でなることが多いので、病院での治療としてストレスをなくすにはどうしたらよいか等のアドバイスを行う事もあります。

 

 

メニエール病の初期症状について
人によってこの疾患の症状や重さは異なりますが、繰り返し発作が起きることにより、病気が悪化していきます。この疾患の初期症状は、多くの方がめまいを感じ、耳鳴りがするという経過をたどっています。数分で治まることも多く、初期の頃の症状を見逃し、放置してしまう方がたくさんいます。

 

 

めまいやメニエールでお困りの方へ
目の前がぐるぐる回って見える、奈落に落ちるような感覚を覚えるなどめまいやこの疾患の症状でお困りの方は、専門的な医師や看護師のいる病院をお尋ねになることをお勧めします。

 

 

血圧と関係のあるメニエール病の症状
血圧が高いとめまいが起こることがありますが、めまいを繰り返す場合はこの疾患など他の病気が関係していることがあります。この疾患の症状は、めまいのほか内耳の内リンパという液体が増えすぎたことにより、低い音が聞こえにくくなるという症状があります。

 

 

メニエール病の検査や診断はどんなものか
この疾患の検査は、体のバランスを調べる検査や眼振検査を行います。聴力検査も行います。症状がめまいだ けであっても、難聴がある場合も考え聴力検査をします。このような検査をして、この疾患であるかの診断をしま す。

 

 

メニエール病の原因について
この疾患は内耳の病気で、繰り返すめまいに難聴や耳鳴りを伴うものです。内耳を満たしている内リンパ液が 過剰になり、内リンパ水腫の状態になることがこの疾患の原因だと考えられています。しかし、この内リンパ水腫 がなぜ起こるのかについては不明であり、ストレスや頚椎のゆがみが発症の要因だといわれています。

 

 

メニエール病になった女性の画像
メニエール病の完治はあるのか
この疾患は発症の原因は解明されていません。完治しない病気と言われていますが、患者の多くはストレス多 く溜め込んだ人に見られるのです。完治しないのは、発見が遅れるということも原因のひとつです。病状がかなり進行 してからの治療は困難になるのです。したがって、この疾患の完治が難しくなるのです。

 

 

進行したメニエール病は手術治療が必要になります
この疾患は厚生労働省が特定疾患として指定していますが、医療費の公費補助対象ではない難病です。病気が 進行すると完治が困難になりますので、この疾患の手術治療ができる病院に入院する必要もあります。病気の進行 を止め、回復するためには早期治療が大切です。

 

 

メニエール病になった芸能人とは
この疾患は激しいめまいや難聴、耳鳴りの症状を同時に何度も引き起こす内耳の疾患です。この疾患に なった芸能人には、久保田利伸さんや加護亜依さん、ハイヒールモモコさんなどが病気であったことを、公表していま す。

 

スポンサードリンク