耳の17のいろんな病気

耳の17のいろんな病気

耳の17の病気

耳の病気にはメニエール病、蝸牛型メニエール病、耳鳴り、難聴、突発性難聴、急性低音障害型感音難聴、慢性中耳炎、滲出性中耳炎、好酸球性中耳炎、顔面神経麻痺、肺炎球菌、真珠腫、感音性難聴、ストレス性難聴、老人性難聴、騒音性難聴、耳管狭窄症などの病気があります。

 

 


難聴とは?難聴は何科を受診?症状、なりやすい人、検査と診断、原因と予防対策、会話が聞こえづらい、サルコイドーシスの治療、ips細胞による難聴の治療、マウス実験、難聴の治療薬のメチコバールやトリノシン、最新難聴治療を解説してます。

難聴

 

 

突発性難聴とは?雑音、音がこもる、耳鳴りやめまい、吐き気の症状、ストレス、ウィルス感染、内耳循環障害による原因、早期治療、突発性難聴の完治する割合は?再発、障害者手帳の申請について、漢方薬について、病院の何科?を解説してます。
突発性難聴

 

 

感音性難聴は何科?症状、進行具合、検査方法、原因、治療・回復について、感音声難聴者と話し方、障害者手帳をもらうには?低音障害型感音性難聴とは?高度感音性難聴とは何か、難聴は伝音性難聴と感音性難聴の2つに大別されますを解説してます。
感音性難聴

 

 

ストレス性難聴は病院の何科に行けば適切か、耳鳴りの症状、急性の激しいストレスなどの原因、高圧酸素療法でストレス性難聴の治療、ストレス性難聴に効くプレドニンなどのステロイド薬、急性低音障害型感音難聴の診断が下されるを解説してます。
ストレス性難聴

 

 

難病のメニエール病とは?、めまいと同時に難聴や耳鳴りなどの症状、体のバランスを調べる検査や眼振検査、診断、頚椎のゆがみ、ストレス、内リンパ水腫などの原因、メニエール病の完治はできる?メニエール病になった芸能人とは?を解説してます。
メニエール病

 

 

蝸牛型メニエール病とは?病院の何科?耳鳴りや吐き気や嘔吐といっためまいの症状、純音聴力検査、蝸電図等の検査、睡眠不足や過労などによるストレスの原因、内耳の血液循環を改善するための薬を服用する治療方法、精神安定剤を服用することもあります精神安定剤を服用することもありますを解説してます。
蝸牛型メニエール病

 

 

老人性難聴とは?何科、耳鳴りの症状、原因と予防、老人性難聴の判断基準、老人性難聴の治療法、高音域の周波数での聴力低下、老人性難聴の特徴と生活上の留意点、老人性難聴の方が使う電話機、名医でも完治させるのが難しい老人性難聴を解説してます。
老人性難聴

 

 

騒音性難聴とはどんな病気、病院の何科?症状、強力な音波によって内耳の蝸牛が障害を受ける原因、治療方法、騒音性難聴は補聴器の着用が有効?騒音の曝露を受けないように工夫する、現在まだ治療法は確立されてない?耳栓をして予防するを解説してます。
騒音性難聴

 

 

中耳炎の原因、中耳炎の5の症状、子供の中耳炎、大人の中耳炎、中耳炎の自然治癒、中耳炎の薬以外の風邪薬や鼻炎の薬は効果は?、中耳炎は鼓膜に穴が開いない限り水が入らないのでお風呂に問題ある?中耳炎でもプールは一概にダメ?を解説してます。
中耳炎関連記事

 

 

滲出性中耳炎とは?何科へ行く?言葉の発達の遅れや音がこもって聞こえる症状、カテーテルで空気を送り込む検査方法、滲出液が鼓室にたまる原因、ムコダインなどの飲み薬を服用する治療法、鼓膜に小さなチューブを通し滲出液を出す手術を解説してます。
滲出性中耳炎

 

 

好酸球性中耳炎とは?病院の耳がつまったような聞こえにくい症状何科?症状、分泌液を採取して分析する検査方法、原因がまだ分かっていない中耳炎、ステロイドの内服や局所投与による治療法、重症化すると神経にも影響し難聴が進むを解説してます。
好酸球性中耳炎

 

 

耳管狭窄症とは?病院の何科?自分の声が大きく聞こえるような症状、耳管機能検査という検査方法、飛行機などに乗った時に起こるような気圧の変化や鼻・喉の炎症が原因、耳管開口部にできた炎症を除去することが基本となる治療方法を解説してます。
耳管狭窄症

 

 

耳の病気の症状の代表的な耳鳴り

耳鳴りは耳の病気の症状の一つです。メニエール病はめまいや耳鳴り、難聴を伴いますが、その中でも耳鳴りとめまいは同時もしくは前後して起こるため、日常生活に支障が出ることがほとんどです。原因はストレスが関係していると言われています。

 

 

様々な耳の病気
耳の病気には多種多様なものがあり、その症状も様々です。耳鳴りや難聴やめまいの症状があらわれた場合には慢性中耳炎やメニエール病の可能性があるので注意が必要です。希に耳の病気が原因となって顔面神経麻痺の症状があらわれることもあります。

 

 

子供の耳の病気の予防接種

赤ちゃん、子供の耳は非常にデリケートです。耳の病気でかかる代表的な物は中耳炎でしょう。この中耳炎は肺炎球菌と呼ばれる菌によって罹ります。この肺炎球菌は普段のどの奥に保菌していますが、免疫がなくなった時に鼻水、咳、中耳炎、肺炎、まれに髄膜炎という恐ろしい病気を引き起こします。現在では生後2ヶ月からプレベナー13価という髄膜炎の予防接種を受けることができます。

 

 

低音が響く感じの症状があるときは

耳が詰まったような感じになり、頭の中に低音が響くような症状があるときは、急性低音障害型感音難聴という耳の病気の可能性があります。これはストレスなどが原因であることが多いとされていますが、早期受診をすれば、2週間ほどですぐに回復する病気でもあります。

 

 

難聴は高齢者に多い耳の病気
高齢者の耳の病気に難聴があります。会話などが聞こえにくいと感じる時は、まず耳鼻咽喉科を受診して難聴の原因を診断してもらうことが必要です。その結果、補聴器が必要と診断された場合は、機種の選択や周波数特性の設定や音質の調整が行われます。

 

 

耳の病気、真珠腫について

普通だとピンと張った状態の鼓膜が奥に入り込んでいく、耳の病気が真珠腫です。鼻をよくすする人に発症しやすいと言われています。耳垂れ、軟調、眩暈など重篤な症状を引き起こすので、早めに耳鼻科の受診が必要になってきます。

 

 

耳の中でガサガサ聞こえる病気
耳の病気で耳の中でガサガサ聞こえる病気があります。耳鳴りかなと思われる方もいますが危険のサインです。耳の病気はたくさんありますが気になったらすぐに病院にいきます。早期発見、早期治療が解決の一番の早道です。

 

 

研ナオコさんの耳の病気について
耳の病気だと思い、耳鼻科で不調を訴えても一向によくならない、といえば、研ナオコさんの例があります。耳鳴りの専門医にみてもらい、脳波の検査をして、頭の疲労とわかり、薬により症状が改善しました。耳に関する痛みといっても、耳鼻科とは限りません。

スポンサードリンク