耳垢は7色あります

耳垢は耳の健康状態のサイン!垢が赤い理由

 

7色
赤い
ピンク色
黄色
オレンジ
茶色
青色
緑色

 

 

耳垢は耳の健康状態のサイン!垢が赤い理由
赤い理由とは耳孔内に生じた傷からの出血によるものです。過度の耳掃除により耳孔内に傷が付いてしまい、流血してしまうことで耳垢が赤く変色してしまいます。また、稀に耳孔内に虫が入り込んで吸血することでも赤く染まることがあります。

 

 

ピンク色の耳垢は要注意!傷つきやすい耳の中
耳垢がピンクの理由とは、耳の中で分泌液などが出ているために起こっている可能性があります。耳の中は皮膚が薄く、耳掃除のしすぎなどによって傷つきやすいものです。赤やピンク色が出る場合は、何らかの原因で耳の内部が傷ついていると考えられます。

 

 

耳垢がオレンジになる理由
耳垢がオレンジの理由とは、耳の中の皮脂が多い状態になっています。主に子供に多く、それは、成人よりも子供の方が皮脂が多く分泌されているからです。また、耳かきのし過ぎなどにより、耳の中が傷つき、炎症を起こしている場合もオレンジ色になることがあります。

 

 

気になる耳垢の青色の理由
正常な色は黄色から茶色になっています。耳垢が乾燥気味の人は、白が強くなり、湿っている人は茶色系が濃い傾向になります。もし、青色がでてきたら、外耳道真菌症かもしれないので病院へ行きましょう。青い理由とは、イヤホンを長時間つけている事で、耳の中が蒸れてカビが繁殖しやすくなってしまいます。夏場など汗をかきやすい日には注意しましょう。

 

 

日頃から耳垢をチェックしよう!緑色の理由とは
耳垢が緑色の理由とは、体の免疫力が衰えているからです。風邪などの疾患を発症して、耳の中に菌が増えたことが原因として挙げられています。日頃から綿棒でチェックしておけば、疾患を早めに見つけることができます。

 

 

茶色の耳垢、病気なの?
耳垢とは耳の中の皮膚の古い角質や分泌物、ほこりなどがまざったものです。茶色の理由とは、乾燥をしていないから。乾燥をした垢は白っぽくなります。もともと湿ったタイプの垢の人は茶色や黄色になりますが、これは病気でも何でもありません。

スポンサードリンク