どうして?耳垢がベタベタとその割合

スポンサードリンク

耳垢が湿っている割合について

 

耳垢が湿っている割合について
耳垢が湿ってる全体の割合は、日本人でいうと、2割程度です。これは、耳の中のアポクリン腺が出す汗の量が多く、湿らせます。男性の割合と女性の割合では、男性の方が高く、年齢によって変化することや遺伝的な面もあります。

 

 

耳垢が湿っている割合の画像
地域で違う!耳垢が湿っている理由とは
日本人の耳垢が湿ってる理由とは何でしょうか?実は縄文人の遺伝子が由来なんです。なので、お隣の中国や韓国の7%と比べて平均16%と少し高めとなっています。ただ北海道や沖縄など、渡来人の影響が少ない所はウェットな人の割合が高くなっており、特に北海道は50%程度といわれています。

 

 

耳垢が湿ってきた理由とは?
耳垢が湿ってきた理由とは、まず耳の中にあるアポクリン腺という汗腺から出る分泌物が混ざり、湿性が上がっていることが考えられます。この汗腺の数や働き具合には個人差があり、日本では生まれつき湿っているタイプの人はおよそ10〜20パーセント程度といわれています。

 

 

耳垢と脂の関係はをしっかり知ってください
耳垢と脂の関係は、汗線のひとつであるアポクリン腺がと言う成分が多く分泌されている場合や、皮脂やたんぱく質が多く含まれている関係で耳カスが多くなったりします。ベタベタした人は親からの遺伝的な要素も非常に多くあります。

 

 

どうして?耳垢がベタベタ
耳垢といえばまずカサカサしているものをイメージする人もいますが、昔から湿っていたという人も多くいます。耳カスがベタベタの理由とは、遺伝が原因だと一般的に言われています。また、その日の体調、季節に応じて変化することもあります。脂分の多い食事を多く摂ることで排出される皮脂が増え、いつもより湿ってしまうこともあります。他の肌と同じように、耳の中にも個人差やその日その日のコンディションがあるのです。

 

 

耳垢の湿性タイプはワキガの確率が高いので要注意!
耳垢が湿っているタイプの方は、ワキガの確率が高いので注意が必要です。まずは、耳の中を綿棒でこすってみましょう。綿棒に付着した耳カス湿っているならば、ワキガを発症する可能性がありますから、衛生状態に気をつけることが大事です。

 

 

耳垢でワキガがわかる?その関係性を知ろう
耳垢とワキガの関係について知らない人もいますが、湿っている場合ワキガである可能性が高くなります。液体状になっている場合、アポクリン線の量が多いことがわかります。日本人は乾燥した人が多いですが、白人はその多くが湿性です。

 

 

耳垢が湿っている人とワキガの臭いがする画像
耳垢が湿っている人とワキガの臭いがする?
耳や脇の下などにはアポクリン腺という汗腺があり、脂質やたんぱく質などを多く含む分泌物を出します。それを皮膚上の細菌が分解して臭いを発生させます。耳垢が湿っている人はこのアポクリン腺が比較的多いため、ワキガの臭いがしている可能性があるのです。

 

 

耳垢が液体の理由とは
耳垢が液体の理由とは、遺伝によるものと病気によるものとがあります。耳垢が乾性か湿性かは遺伝により、湿性が優性遺伝ですが、日本人では16%ほどと少数派です。また、中耳炎や外耳炎が悪化したことにより耳から液体が出ることがあります。急に耳から液体が出はじめた場合には注意が必要です。

 

 

耳垢と腋臭の関係について
耳垢と腋臭の関係は、乾いた人と、湿った人がいて、日本人の8割は乾いています。しかし、湿った方は、耳の中のアポクリン腺から、出る汗の量が多い状態になっています。また腋の臭いがキツイ原因も主にアポクリン腺から出される汗の臭いであるため、湿っている場合、腋臭もキツイことが多いです。

スポンサードリンク