耳かきで咳が出るのは病気でなく体質?

耳かきで咳が出るのは病気でなく体質?

 

耳かきで咳が出るのは病気でなく体質
耳かきを行う時に、毎回咳が出るという人が中にはいます。これは風邪や病気などではなく、耳の奥にある迷走神経が刺激され、その反応によって咳がでるという仕組みとなっています。これはすべての人にある反応ではなく、体質ですので耳かきする際は優しく行うことが大切です。

 

 

耳かきをすると咳がでる原因について
耳の中の外耳道という部分に迷走神経という脳の神経の一部が伸びているのです。 この迷走神経の役割は、食べたものを気管に入らないようにしたり、痰を吐きだすために咳をするなどの働きがあります。 耳かきをした時に咳がでる原因は、この迷走神経を刺激しているからです。 耳かきをして咳が出るのは、反射的なものとなるので防ぎようがないのです。咳がでるかもと思って、耳かきをしたほうがいいのです。

 

 

耳かきをすると風邪のような咳が出る
耳かきをすると風邪でもないのに咳が出る人がいます。それは、耳の奥にある神経が内蔵にもつながっているため、耳かきによって刺激され自然と咳がでるという反応が起こっているのです。ですから、そのような場合は、奥まで掃除しすぎたり優しくかいてあげるのが適しています。

 

 

耳かきと咳と迷走神経
咳をする時に耳がくなるという症状の方もします。一見大したことのないわけでありますが、ひどい場合は、迷走神経に異常がある場合があります。耳には、多くの神経があり、耳かきなどを激しくして耳を痛めてしまうとその神経に異常がおこります。咳をした時などに耳に激痛があったりした場合はその原因の1つです。

 

 

耳かきで咳がでるなら綿棒で掃除
耳かきをすると咳がかならず出るという人がいます。それは、耳の奥に内蔵へとつづく迷走神経がつながっているため、耳かきによって咳という反応がでるとわかっています。このような反応をする人は、耳かきをする際に綿棒などで優しく掃除することが良いです。

 

スポンサードリンク