内耳炎は中耳炎と同様にウイルスや細菌に感染して起こります

内耳炎は中耳炎と同様にウイルスや細菌に感染して起こります

 

内耳炎の症状が出たら病院の何科
内耳炎とは、中耳炎の炎症が内耳まで至った場合のことを指します。 中耳炎を患った状態で激しいめまいや吐き気、難聴などの症状が出たら注意が必要です。 病院の何科を受診すれば良いかといいますと、やはり最良は耳鼻科です。

 

 

内耳炎の症状にはどのようなものがあるでしょうか
内耳炎の症状の説明をします。内耳への炎症が少しづつ及ぶ場合は、耳鳴りや難聴が徐々に進みます。炎症が急激に起こる場合は、吐き気やおう吐と共に、激しい耳鳴りや難聴が現れます。また、回転性の激しいめまいが起こることもあります。

 

 

内耳炎の検査方法について
内耳炎の検査方法の解説をします。内耳炎の検査はいくつかの種類があります。代表的なものとしては、難聴症状がある場合には聴力検査、めまい症状がある場合には平衡機能検査等があります。他にもCTやMRIによる画像診断も有効です。

 

 

内耳炎の原因の解説
内耳炎の原因の解説をします。 内耳炎は中耳炎と同様にウイルスや細菌に感染して起こります。 内耳炎の多くは中耳炎と同時に起きるか中耳炎から波及したものです。しかし稀に髄膜炎から発展して内耳炎が発症することもあります。

 

 

内耳炎の治療方法について
内耳炎の治療方法の説明をします。内耳炎は、原因となっている炎症等の治療をする事が第一です。そのため抗生剤等の投与が行なわれます。他には、内耳の機能低下を改善するために、ビタミン剤や副腎皮質ステロイド薬の併用も行なわれます。

 

スポンサードリンク