難聴になった芸能人

スポンサードリンク

難聴になった芸能人

 

難聴とは片耳だけ聞こえにくくなったり、両耳だったり、生まれつきだったり、突然聞こえなくなったりと個人によって差が出る病気です。多くの有名人がこの難聴を経験しています。

 

 

ストーカー被害により芸能界引退!
元アイドル本田理沙さんは、デビュー後の高校生当時に自宅のエレベーター内で暴漢に襲われたり、その後一人暮らしをしていた自宅に懐中電灯を持った男が侵入してきたりという非常に怖いストーカー被害を体験しました。そのショックから感音性難聴を患い、芸能界引退の道を選んだ後、現在でもその症状に悩まされているという事です。

 

 

荻原聖人さん難聴で舞台降板
俳優の荻原聖人さんも2000年に突発性難聴を患い、急遽舞台の降板を決めました。歌手だけではなく、俳優も難聴を経験することから、幅広く誰にでも起こりえる病気であることがよくわかります。

 

 

格闘家の郷州選手
格闘家の郷州選手は生まれつきの難聴でありながら、K−1のリングに立ち続けています。同じような境遇にある人たちに「できることはたくさんある」ということを身をもって示し、そして自らの戦う姿を見せることで励まし続けているのですね。

 

 

新弟子の江塚薫さん
生まつきの感音性難聴である新弟子の江塚薫さん。新弟子検査の時にも両耳に補聴器を装着していました。親方の「ハンデをバネにしなさい」という励ましの言葉に、「10年以内に関取になりたい」としっかりした口調で応えていました。

 

 

名経営者アンディ・グローブさんの大声は難聴が原因
79歳で亡くなった名経営者のアンディ・グローブさんは、インテルの創業に大きくかかわったことで知られています。生前、彼は大声で指図すると言われていましたが、それは幼い頃にしょうこう熱にかかり、難聴になっていたためだったのです。

 

 

政治家の道用悦子さん
難聴でも日常生活を明るく過ごしたいなら!政治家の道用悦子さんは生まれつき難聴の症状を抱えています。けれど、話し方を工夫したり、十分に耳を傾けたりして、日常生活に支障が出ないように努力しています。明るく前向きな気持ちで症状と向き合っています。

 

 

フリーアナウンサーの森本毅郎さん
フリーアナウンサーの森本毅郎さんは左耳は正常に聞こえるのに右耳は難聴で聞こえ難くなりました。病院で検査をしたところ「急性低音性感音難聴」と診断されました。原因は春先の人事異動で新しい職場に移った事により、ストレスで内耳が血行不良となり難聴を引き起こしていました。暫くして新しい職場に馴染んだ頃、自然に回復しました。

 

 

難聴のハンディーを乗り越えたプロのキックボクサー
キックボクサーの郷州征宜さんは生まれつきの難聴でありながらも、プロのキックボクサーとして活躍する選手です。聞こえないからといって諦めるのではなく、人よりも長く練習することで聞こえないハンディーを乗り越えたいという前向きな姿勢で戦い続けています。

 

 

難聴の原因というのはストレスやウイルスなどいろいろなことが考えられていますが、いまだに解明しきれていない部分もあります。いずれにしても、耳が聞こえにくいなと感じた時には早めに専門家に確認してもらうようにしましょう。

スポンサードリンク