難聴の発音と音痴の関係について

難聴の発音と音痴の関係について

 

難聴の発音は悪い?
難聴の発音は悪いという傾向があります。 本人は気づかない場合でも、相手が聞き取りにくい事があります。 近頃会話相手が何度か聞き返してくる等の違和感を感じたら、 気のせいと思わずに、早めに医療機関で受診する事をお勧めします。

 

 

難聴と吃音とはなにか
難聴というの聴力が低下した状態のことです。つまり、多くの健聴者の聴力を著しく下回る状態のことです。 吃音とは吃音症といって発音時に連続して言葉が発せられたり、一時的または瞬間的に無音状態が続くなどの言葉が円滑に話せない病気のことです。

 

 

難聴と音痴の関係について
音痴の人に難聴が原因の場合があります。 音痴と難聴が関係あるその理由は、自分の声や音楽の音程を正確に理解しきれないことが最大の原因となっています。 難聴の程度によりますが、トレーニングで改善する場合もあります。

 

 

大音量は難聴の原因に
近年イヤホンなどで大音量で音を聞いて難聴になる人が増加しています。100デシベルの音を15分以上聞くと難聴になると言われています。難聴を予防するためには、音量は大きくても65デシベルまでにして適度に耳を休めることが大切です。

 

 

難聴と大きな音圧について
日頃生活している中で、急に難聴になるという事は想像しにくい事でしょう。 しかし、身近にある物が原因で難聴になってしまう事があります。 例えば、ヘッドフォンを使用して、大音量で音楽を聴く事です。 大きな音圧は耳に悪影響を与える為、難聴になる事が無いように心がけましょう。

 

スポンサードリンク