難聴治療方法はips細胞によるマウスで実験で成功しました

難聴治療方法はips細胞によるマウスで実験で成功しました

難聴の疑いの時病院の何科を受診したらいいか
難聴とは医学的に聴覚が低下した状態のことです。同時に耳鳴り・めまい・吐き気を伴うことが多くあります。病院の何科に受診したらいいかということですが、頭痛や視力障害、手足のしびれを伴う場合は脳神経外科を、伴わない場合は耳鼻咽喉科を受診するといいでしょう。



人との会話が聞こえづらい難聴は治る?について
人との会話が聞こえづらいなどの症状のある難聴は治る?と聞かれれば、種類によって治る確率も変わってくるといえます。外耳器官になにかしらの障害があるために起こる、伝音性難聴の場合は、その障害を取り除くことで、耳の聞こえを改善できる場合が多いようです。



難聴の症状になりやすい人とは>
難聴の症状になりやすい人には、いくつか原因があります。ストレスを多く抱えている人など食生活がきちんとできていない人などが難聴になりやすいとされています。また、幼児ではウイルスが原因で難聴になりやすく予防接種を受けることが大切です。



難聴を検査して診断する方法
突発性難聴の場合、聞こえにくいのが本人でもわかることです。薬などの服用などを問診します。検査方法は、左右の耳の聴力を調べます。血液検査もし、耳の中の鼓膜に傷がないかを確かめます。検査をして特定のものが見つからなければ、突発性難聴と診断がされます。



難聴の二つの原因と予防対策
難聴の原因は耳の中が原因となる感音性難聴と外部からの大きな音などが原因となる伝音性難聴があります。更にこの二つが組み合わさって原因になった混合性難聴があります。耳を休ませる、ストレスを溜めないといった予防対策を講じることが大切です。



ips細胞による難聴の治療
難聴というのは現在治療が難しいものでありますが、ips細胞による難聴の治療方法の開発が現在行われています。現在はマウスで実験が行われている段階ですが、マウスで成功しているため将来的には難聴が回復する可能性が大いにあります。



難聴の治療薬を服用する
内耳の循環が原因で難聴が疑われる場合には、難聴治療薬としてメチコバールやトリノシンがあります。トリノシンは、メニエール病や内耳が原因でめまいが起こる場合に処方されます。メチコバールは、耳鳴り難聴など末梢神経の障害に適用されます。



サルコイドーシスの治療
サルコイドーシスとは、身体のいたるところに肉芽腫ができる病気です。治療期間とはとくになく、自然に治ることがほとんどです。サルコイドーシスを経過観察している時に難聴の治療の場合には、ステロイド治療をして難聴の回復をはかります。



内耳の細胞再生で難聴治療につながる研究がマウス実験で成功しました
慶應義塾大学の岡野栄之教授らのグループは、蝸牛外有毛細胞を再生させ聴力を改善させることをマウス実験で成功させました。世界の人口の約1割以上が音感難聴であるといわれ、内耳の細胞再生で難聴治療につながることが期待されます。



2014年の最新難聴治療
2014年の最新難聴治療は、リハビリテーション療法です。これまでは、突発性難聴に対しては薬物療法を行い静かに過ごすことが推奨されておりましたが、むしろ聞こえなくなった耳を積極的に使うことで、機能の回復をはかるリハビリテーション療法が有効であり、脳の回復につながることが研究で示されております。



スポンサードリンク