難聴になったミュージシャン

スポンサードリンク

難聴になったミュージシャン

 

Gacharic Spinのねんね、難聴の疑いで活動休止
ガールズバンドグループGacharic Spinのパフォーマーのねんねさんは、アメリカでのバンドライブを前に、難聴の治療と安静のため期限を決めず活動を休止すると発表しました。難聴は聴覚の諸機能が大きく劣る状態のことを指します。ねんねさんは聴覚の違和感を自己申告し、医師による検査を受けた結果、難聴の疑いが見られたためにこの発表に至ったようです。

 

 

ロック界の氷室京介さん、両耳の難聴(トーンデフ)に
ロック界のカリスマの氷室京介さんはある一定の音域が聞こえづらい、両耳の難聴(トーンデフ)のため、35年間続けてきたライブ活動を無期限休止にしました。今後の音楽活動はアルバム制作等、マイペースに続けていく予定です。

 

 

突発性難聴になったサカナクションの山口一郎さん
ロックバンドのサカナクションのボーカル山口一郎さんは2010年に突発性難聴になり右耳が聞こえなくなってしまいました。難聴によって、音の細かな部分の確認ができなくなるというハンデがありましたが、その部分をバンドのメンバーに助けてもらう事によって活動を続けています。

 

 

浜崎あゆみさんの左耳難聴
歌手の浜崎あゆみさんも2000年6月に左耳に難聴の問題を抱え、一時期コンサートツアーを延期しました。最初は治療によって回復する可能性もありましたが、2008年に、左耳はもう完全に機能しておらず、治療のすべはないと診断された、という事をファンに向けて伝えました。難聴というのはそれぞれのケースにもよりますが、回復の見込みがなくなるほど深刻なものがあるのです。

 

 

スガシカオさん45歳の時に難聴に
シンガーソングライターのスガシカオさんをも2011年の45歳の時に突発性難聴にかかっていることを公表しました。しかし、この病気を患いながらも作詞や作曲の活動を活発に続けていたり、歌手としても絶大な人気を誇っていたりすることから同じ問題を抱えている人に大きな力を与えています。

 

 

坂本龍一さん、難聴を患っています
ピアニストの坂本龍一さんも難聴を患っており、一時は音楽活動はもうできませんよとお医者さんから言われていたそうです。それでも、今公開されているアカデミー賞受賞作に音楽を提供したりと精力的な活動を続けています。

 

 

AC/DCのブライアン・ジョンソンさん
AC/DCのブライアン・ジョンソンさんは、才能あるボーカリストとしてファンに認められていましたが、難聴のために、AC/DCのワールドツアーを引退しました。難聴は、早期発見と適切な処置がなければ、完治の困難な疾患です。

スポンサードリンク