難聴の音域で低い音と高音が聞こえない病気とは?

難聴の音域で低い音と高音が聞こえない病気とは?

 

種類によって違いのある難聴の音域
難聴には老人性難聴・感音性難聴・伝音性難聴など様々な種類があります。 種類によって難聴の音域に違いがあり、 老人性難聴や感音性難聴などは、高音が聞き取りにくくなる事が多いようです。 反対に低音が聞き取りにくくなる症状は、伝音性難聴の場合が多いようです。

 

 

難聴における音域と低音について
難聴の音域はその病気によって異なります。低音が聞こえないというと人もいれば、高音が聞こえないという人もいるのです。高音性難聴なのか低音性難聴なのかによって治療の方法も違うので、専門機関を訪ねてきちんと検査をすることが必要です。

 

 

難聴の音域で低い音が聞こえない
難聴の音域は、どちらかというと低い音が聞こえないケースが多くあり、日常生活に支障が起こりやすく、自動車などの運転をする場合など周りの音が聞こえにくくなるので、難聴になった場合十分に注意をする必要があります。

 

 

難聴の音域として高音帯が聞き取りにくくなる症状
難聴の音域として高音帯が聞き取りにくくなる症状、それが老人性難聴の一番の特徴となっています。モスキート音などの超高音域の音が加齢と共に聞こえにくくなっていくことは良く知られていますが、それがより顕著な症状として現れていくのが老人性難聴なのです。

 

 

難聴の音域の低音から高音
難聴の音域は症状によってさまざまです。低音が聴き取れない難聴もあれば、高音のみが聴きとりにくくなる難聴もあります。  原因についても色々とあります。生まれつきの先天性難聴、ヘッドホンで大音量を聴きすぎたことにより発症する騒音性難聴などです。加齢により発症する難聴は高音部が聴きにくくなります。逆に耳の病気などでの難聴は低音部が聴きとりにくくなります。突発性難聴のように原因不明のものもあります。

スポンサードリンク