老人性難聴はカ行の他に聞き間違いが多くなる行とは?

老人性難聴はカ行の他に聞き間違いが多くなる行とは?

 

老人性難聴の聞こえ方
老人性難聴とは、高齢になって徐々に聴力が弱まる事を言います。ですがこの症状には、個人的な身体的特徴などが影響しますので、難聴の程度に個人差があります。聞こえ方も様々で、ただ単に音が聞こえづらくなっただけでなく、音は聞こえるが何を言っているか分からないと言う特徴があります。

 

 

老人性難聴による聞こえにくい音について
老人性難聴は老化現象の一つです。老化による内耳内の障害により高音域から聞き取りづらくなる現象で、次第に中音域、低音域と聞こえにくい音の範囲が広がっていきます。言語の音域である250〜2000Hz(中音域)が聞こえにくくなると自覚症状及び生活への影響が顕著に表れるため、補聴器などの対処法により快適な生活の確保を図る必要があります。

 

 

老人性難聴による聞き間違い
加齢によって進行する難聴を老人性難聴といいます。小さな音が聞こえにくくなることから始まり、やがて言葉の聞き分けが難しくなっていきます。 高い音から聞きずらくなっていき、やがて低音域へと広がります。 さらに、音がこもったように聞こえるため会話は聞こえても、言葉として聞き取りにくいということがおこり、「カ行、サ行、ハ行」を含む音に特に聞き間違いが多くなるといわれています。

 

 

老人性難聴で声が響く現象
老人性難聴で声が響く現象は、何らかの耳の病気から発生している症状です。中耳が音を伝える伝音難聴と刺激を神経が感知する仕組みの感音難聴の生涯によるもので、伝音難聴では、耳管開放症が考えられます。感音難聴では内耳の神経細胞の障害により発生すると言われており、突発性難聴が疾患として考えられます。

 

 

高い声から始まり低い声の聞こえが悪くなる老人性難聴
加齢に伴って耳の聞こえが悪くなるのが、老人性難聴でその程度は生活習慣や身体的条件もあるため個人差があります。 この老人性難聴は、聴力の低下がまず高い声から始まり、徐々に会話する音域から低い声への広がっていくのが特徴です。 両耳であまり極端な差がないのが特徴です。 そのため、早期の症状では自覚症状が現れにくい傾向にあります。

スポンサードリンク