職業性難聴における症状の特徴を示すc5-dip

職業性難聴における症状の特徴を示すc5-dip

 

職業性難聴とは一体何か
近年多くの人が悩まされている病気に職業性難聴と言うものがあります。 職業性難聴とは耳を酷使する仕事に就いているために耳に異常が起きてしまうと言うものであり、病院の何科に行けば良いのかと言うと一般的には耳鼻科に行けば良いと言われています。

 

 

職業性難聴と症状
職業性難聴の症状の説明をします。 耳が長い間大きな音にさらされるために、初めは高音部の聴力の低下をおこし、そのまま騒音を長期間、聞き続けると、難聴は全音域に進行します。患者のなかには耳鳴りや、めまいなどの症状を訴える人もいます。

 

 

職業性難聴の原因の解説をします
職業性難聴の原因の解説をします。職業性難聴の原因となりうる職業は、何年も大きな音の中に居続ける職業です。具体的には、作業工場での勤務・ブルドーザーなどの運転手・電話交換手などの職業があげられます。

 

 

職業性難聴について治療方法の解説をします
職業性難聴について治療方法の解説をします。職業性難聴早期の軽い症状の場合は、大きな音を聞かないないでいるように心掛けるだけで症状の改善がみられます。しかし、重症化してしまている場合は、医療機関による点滴や高圧酸素療法などを用いらねばなりません。

 

 

職業性難聴の症状の特徴を示すc5-dipとは
c5-dipとは職業性難聴における症状の特徴を示すもので、特に高音部の難聴傾向が強く出る事が特徴です。 騒音性難聴とも呼ばれるこの症状は長期に渡って長期間の強大音に曝露し続ける事により、耳の中にある音を感知する細胞の機能が阻害される事によって起きるものです。従って、細胞の特徴が強く反映される事により前述のような傾向が見られる訳です。

 

スポンサードリンク