低音難聴とは低い音の耳鳴りがするなど10代〜40代の女性に多い病気です

低音難聴とは低い音の耳鳴りがするなど10代〜40代の女性に多い病気です

 

低音難聴という病気について
低音難聴とは、低い音だけが聞きにくい又は聞こえない、耳が塞がっているような感じや低い音の耳鳴りがするなどの症状が現れる病気です。 特に、10代から40代の女性に多い病気となっています。 そしてそうなった場合、病院の何科を受診すれば良いのかというと、耳に対しての病気のため耳鼻咽喉科になります。 低音難聴への適切な治療を行ってもらうことが可能です。

 

 

低音難聴によって現れる症状
低音難聴の症状の解説をします。 低音難聴は低音が聞き取りにくくなったり、低音の耳鳴りがしたりする病気です。若い人でも発症しやすく、その原因はストレスではないかと言われています。 音楽を聴いていて聞こえない音がある場合は要注意です。

 

 

低音難聴の原因の説明
低音難聴の原因の説明をします。ウイルス感染や自律神経の乱れ、内リンパ水腫とされてはいますが、はっきり分かっているわけではないです。低音難聴になりやすい方には心配事 が多い、睡眠不足や低血圧、ストレスを感じやすいなどの傾向があります。

 

 

低音難聴の治療方法
低音難聴の治療の解説をします。 低音難聴は若い人も多い症状で、症状を抑える方法は、疲労やストレスを解消する事が大切です。 睡眠を十分にとり、規則正しい生活を送る事が低音難聴の症状を抑える事につながります。

 

 

低音難聴の薬物療法について
低音難聴の直接の原因として、内リンパ水腫という説が一番有力です。なぜなるのかについては、メニエール病同様原因不明です。腫れているということで、腫れをとるためには、高浸透圧利尿薬がよく使われます。液状で飲みにくいのが難点な薬です。早い段階での治療としては、やはりステロイド療法です。

 

スポンサードリンク