聴覚障害認定には両耳の聴力レベルや最良語音明瞭度の検査結果が必要です

聴覚障害認定には両耳の聴力レベルや最良語音明瞭度の検査結果が必要です

 

聴覚障害とはどの様な状態なのか
聴覚障害とは音が聞こえづらいまたは、聞こえない状態のことを言います。聞こえ方も人それぞれで音が歪んで聞こえたり音量が小さく聞こえる等です。補聴器を使えば日常生活に差し支えない方もいれば手話を必要とされる方もいます。

 

 

聴覚障害認定の基準について
聴覚障害認定には、両耳の聴力レベルや最良語音明瞭度の検査結果が必要となります。障害等級には、1級、2級、3級および障害手当金まで設定されております。検査結果で該当等級が決定され、日常生活における支障などは考慮されないことを認識しておく必要があります。

 

 

子供の聴覚障害について
子供に聴覚障害があるのかどうか、気付くのが遅くなってしまうこともあります。 しっかりとした検診を受け、常に子供の反応をチェックすることによって早期発見をすることが出来るようになります。 場合によっては治療を行うこともできます。

 

 

聴覚障害は遺伝が原因について
聴覚障害は遺伝が原因の場合もあります。 人間の体は、数多くの遺伝子でつくられており、聴覚障害の原因になる遺伝子を親が持っている場合、子供に遺伝する可能性があります。 聴覚障害について悩みがある場合は、聴覚障害に詳しい病院で相談する事が大切です。

 

 

聴覚障害者が運転する車につけるマーク
補聴器を使用しても、10メートルの距離で90デシベルのクラクションの音が聞こえない聴覚障害の人が自動車を運転するときには、聴覚障害者識別標識であるちょうちょマークを自動車に必ずつけなければなりません。このマークは他者に車間距離を十分にとるなどの注意を喚起するために制定されました。

 

スポンサードリンク