補聴器の調整方法とは最小に聞こえる音を調節し最大出力も調節します

補聴器の調整方法とは最小に聞こえる音を調節し最大出力も調節します

 

どんな補聴器にも調整が必要です
一人ひとりの聴力や難聴の状態が違うので、補聴器を使用する人に合わせて、より聞こえやすいように調整が必要です。補聴器の調整方法としては、最小に聞こえる音を調節し、不快感がないよう最大出力も調節します。そして、周波数のバランスも合うよう、音質も聴覚に合わせて調節します。

 

 

補聴器を自分で調整する方法は
補聴器を自分で調整する方法は、購入する時に販売員の方が説明を行ってくれます。また、取扱説明書にも記載されているので参考にすることができます。万が一、説明がわからなかったり、忘れた場合でも販売員の方が対応してくれるので安心です。

 

 

補聴器の調整の資格とは
認定補聴器技能者とは、財団法人テクノエイド協会による民間資格です。補聴器の調整や販売をする人に、基準以上の知識や技能があることを認定するものです。試験の受験資格を得るには補聴器技能者の講習会や実務経験を必要とします。

 

 

補聴器のボリューム調整
場所によって聞こえにくい、高い声が聞き取りにくいなどと言った場合には、補聴器のボリューム調整機能が必要です。これは、調節ボタンでいつでも変更できます。お店によっては無料でつけてくれる場合もありますので、気になった方はお店で相談してみましょう。

 

 

補聴器を通販で購入する場合には調整の有無を確認しておきます
通販で購入する補聴器の場合には店頭での調整が通常出来ません。ですので、何らかの形で調整サービスが受けられる否かということが、商品を選ぶ際のポイントとなるのです。訪問でのフィッティングやアフターケアの有無を予め確認しておきます。

 

スポンサードリンク