赤ちゃんが中耳炎になるのは耳の垢を取りすぎるから?

赤ちゃんが中耳炎になるのは耳の垢を取りすぎるから?

 

赤ちゃんの中耳炎と夜泣きについて
赤ちゃんが中耳炎になりやすいって皆さん知っていましたか? そもそもなぜ中耳炎になるのかというと耳の垢を取りすぎるからです。 耳の垢には、耳の穴を守る役割があります。それを異常にとりすぎると 耳の穴を守る役割が無くなり、湿疹等になりやすくなります。 赤ちゃんの中耳炎は、上記のような事をしすぎるからなるのです。 湿疹等がひどくなり膿んでくると耳が痛くなり寝ているときなどに赤ちゃんの 夜泣きが多くなるのです。

 

 

赤ちゃんの中耳炎の原因
赤ちゃんの中耳炎の原因の説明をします。耳の奥には鼓膜があり、その外側が外耳、内側が内耳、中耳です。鼓膜の内側には鼻と耳をつなぐ耳管があり、普段閉じているこの管は咳やくしゃみをする際に開きます。風邪をひいて咳やくしゃみをするときこの管を通って鼻水が耳に入り、中耳で炎症を起こしている状態を中耳炎といいます。

 

 

赤ちゃんの中耳炎を発症する原因はお風呂?
赤ちゃんをお風呂に入れる時は、注意する事があります。 それは赤ちゃんにお湯をかける時は、抱いている人が乾いた手で赤ちゃんの耳を塞ぐ必要があります。 理由は、赤ちゃんの耳にお湯が入ると中耳炎を発症するからです。 赤ちゃんの中耳炎を発症する原因はそれだけでなく、風邪を引いただけでも発症します。

 

 

赤ちゃんの中耳炎の症状
赤ちゃんの病気で意外と多いのが耳のトラブルです。 その中でも赤ちゃんの中耳炎の症状の解説をします。 中耳炎は鼓膜の内側に膿や鼻水が入って圧迫するため痛みがあり、熱も出ます。赤ちゃんの場合は自分で痛いと言えないため、機嫌が悪かったり、一定時間をおいて大泣きしたり泣き止んだりするなどの症状も出ます。また、夜泣きをする、ミルクの飲みが悪い、耳に手を持って行ったり首を振るなどの仕草も中耳炎を疑う症状です。

 

 

赤ちゃんの中耳炎の治療法の解説をします
赤ちゃんの中耳炎の治療法の解説をします。 基本は抗生物質の服用による薬物療法です。他の治療法としては、手術療法、通気療法などがあります。 手術療法は主に鼓膜切開術と個室内チューブ処置術を行います。 滲出性中耳炎の場合は通気療法を行います。

 

スポンサードリンク