中耳炎の痛みを緩和する応急処置とは

中耳炎の痛みを緩和する応急処置とは

 

中耳炎の痛みを緩和する応急処置
中耳炎の痛みを和らげる方法は、耳を冷やすことです。氷や冷却シートなどで耳を冷やすことで痛みは緩和されます。また、少し涼しい場所や、風通しの良い場所に移動するのも緩和させる方法の一つです。耳垂れは綿棒などで優しく拭き取って清潔にします。

 

 

耳鼻科に行って治療しない限り、中耳炎の痛みはいつまでも続く
耳鼻科に行って治療しない限り、中耳炎の痛みはいつまでも続き、ある日突然治ったという事はないです。 たいてい病院は予約を事前に入れる所が多いですが、総合病院の中にあるような耳鼻科でなく、個人院の耳鼻科なら予約を入れる必要はないです。

 

 

夜、中耳炎の痛みが起こったら
鼓膜の奥にある空洞を、中耳といいます。ここに細菌やウィルスなどで、炎症が起こった状態が中耳炎で、特に子供はなりやすい症状です。急性中耳炎の痛みは、突然起こります。子供が夜、中耳炎で痛がったら、まず座らせるか立たせるかして、耳の後ろを冷やします。手持ちの痛み止めを飲ませるのも良いです。

 

 

大人の中耳炎と子供との違いは
耳の病気に中耳炎という病気があり、大人も子供も発症する病気です。 子供との違いは発症理由等にあり、以下の通りです。
1、子供は中耳炎を発症するとすぐに痛みを感じますが、大人の中耳炎の痛みは、すでに慢性化して痛みを感じない事があります。 2、耳と鼻をつないでいる耳管という管が、子供の方が短いため菌やウイルスが入りやすく中耳炎を発症しやすいです。

 

 

中耳炎が子供に多いわけ
子供の耳と大人との違いは耳管が発達していないために短く水平だということです。そのために細菌が入りやすくなっています。風邪をひいて喉や鼻に炎症を起こすと中耳炎になりやすくなります。子供の中耳炎の痛みは細菌により引き起こされた炎症が原因です。 急性中耳炎は痛みがひどく熱がでます。時間が経過し滲出性中耳炎になると痛みはなくなります。しかし、治りにくく難聴の原因になります。

 

スポンサードリンク