子供の中耳炎は免疫力が弱く耳管が短く太いため感染を起こしやすいです

子供の中耳炎は免疫力が弱く耳管が短く太いため感染を起こしやすいです

子供の中耳炎について
中耳炎は風邪などをひき、鼻水が耳管に入って耳管感染を起こすことが原因とされています。子供は大人に比べて免疫力が弱く、耳管が短く太いため、感染を起こしやすいと考えられています。また、子供の中耳炎は少々長引くこともあります。 保育園などで、中耳炎になった子供からくしゃみや咳を通して感染する可能性があります。


子供が中耳炎になったらプールは?
中耳炎は、鼓膜の奥に菌やウイルス等が入る事で起こります。耳管の免疫機能が未発達な子供がかかりやすいです。子供の中耳炎の治療方法としては、抗生物質の投与等が行なわれます。  よく中耳炎の時にはプール等は控えるべきなのかという話がありますが、基本的にはいつも通りで構わないです。ただし、医師等から特別に指示があった場合には、控えるようにします。


子供の中耳炎の症状に熱があります
中耳炎とは、鼓膜の奥に菌やウイルス等が入る事によって起こります。中耳炎は、耳管の免疫機能が未発達な子供がかかりやすいです。  子供の中耳炎の症状としては、耳の痛みや発熱等が挙げられます。治療方法としては、抗生物質の投与等があります。


子供の中耳炎の治療方法
子供の中耳炎の治療方法としては、大人と同じように薬物治療がメインになります。 しかし、子供には服用できない薬もあるので専門医に行って診察をしてもらった後に処方を出してもらうようにしましょう。 膿が中耳に溜まっている場合は切開手術を行います。


子供が夜中に耳が痛いと訴えた場合の応急処置
子供の中耳炎で、耳が痛いと言って眠れないようなら、病院に行く前の一時しのぎとしては、痛い方の耳を下にして、氷や冷えピタなどの保冷剤を耳の付け根に当てると若干痛みは和らぎます。 あとは、痛み止めが飲める月齢なら飲ませることも一つの方法です。



スポンサードリンク