好酸球性中耳炎とは塊が耳の中にたまり耳が聞こえにくい状態が続きます

好酸球性中耳炎とは塊が耳の中にたまり耳が聞こえにくい状態が続きます

好酸球性中耳炎の読み方
こうさんきゅうせいちゅうじ えん


好酸球性中耳炎とはどのような病気か
好酸球性中耳炎とは粘りのある塊が耳の中にたまり耳が聞こえにくい状態が続きます。進行すると中耳の中に肉芽は充満し鼓膜の穿孔から耳茸が生じます。発症する時期や程度に差はありますが両耳性で、重症になると神経にも影響し難聴が進行します。喘息などで全身で好酸球が活性化されやすい状態のときに発症すると考えられています。病院の何科で扱うかというと耳鼻咽喉科でステロイドによる治療が有効とされています。


好酸球性中耳炎の症状
好酸球性中耳炎の症状の解説をしますと次のような特徴があります。はじめは?中耳炎と同じような耳がつまったような聞こえにくい症状です。そのうちに粘りのあり塊が耳の中にたまります。この症状は程度に差がありますが両耳に現れます。症状が進行すると耳茸を生じるようになり、重症化すると神経にも影響し難聴が進み、聞こえが悪化することもあります。


好酸球性中耳炎の検査方法の説明をします
好酸球性中耳炎の検査方法の説明をします。 中耳炎になると、中耳に分泌液がたまります。その分泌液を採取して分析します。 普通の中耳炎と違い、粘性が高く好酸球菌が検出されれば、好酸球性中耳炎という診断が下ります。


原因がまだ分かっていない中耳炎
好酸球性中耳炎の原因の解説をします。好酸球性中耳炎の原因は、まだわかっていません。しかし、この症状にかかるときには、慢性副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎、気管支喘息を併発していることが多いのが特徴です。


好酸球性中耳炎の治療法
好酸球性中耳炎の治療法の説明をします。一般的な治療法はステロイドの内服や局所投与により一時的に改善します。 また、再発の可能性がありますので、多くは鼓膜へのチューブ留置法や中耳の洗浄をする必要があり、結果的に長期通院が必要です。



スポンサードリンク