急性中耳炎とは風邪のある細菌が耳管を通り中耳で炎症でなる病気です

急性中耳炎とは風邪のある細菌が耳管を通り中耳で炎症でなる病気です

急性中耳炎とは、受診する時は病院の何科に行けばいいのか説明します
急性中耳炎とは耳の中に細菌が入り、炎症をおこす病気です。風邪をひいていて耳が痛い、耳なりがするなどの時は中耳炎を疑う必要があります。発熱をともなう場合もあり難聴になる事もます。重症になると鼓膜切開をしないといけなくなる場合もあるので、上記のような症状がある場合には早めの受診をお薦めします。病院の何科と迷われた時は、耳鼻咽喉科を受診してください。


急性中耳炎の症状の説明
急性中耳炎の症状の説明をします。耳痛や耳から黄色っぽい液体が出てくる耳だれ、発熱、耳がふさがったように感じる耳閉感があります。小さな子供だと耳痛を訴えず発熱のみの場合もあります。ほとんどが風邪に続発して起こります。


痛くて高熱の急性中耳炎の検査方法
熱が出て耳を痛くなります。病院にいくと急性中耳炎と診断がつきます。行った検査方法の説明をしますと先生が耳の中を内視鏡のようなものでみてレントゲンをとり膿の場所を確認して聴覚検査をして薬を処方されます。


急性中耳炎の原因の解説をします
急性中耳炎の原因の解説をします。 急性中耳炎の原因は、風邪をひいた時にある細菌が耳管を通り、中耳で炎症を起こしてなる病気です。赤ちゃんの場合は飲んだミルクが耳管に入って、小さな子供は耳管が未熟なため起こるのです。


急性中耳炎の治療方法
急性中耳炎の治療方法の解説をします。基本は抗生剤の服用です。症状が重い場合は最初からやや強めの抗生剤を服用しますが、その際副作用で下痢になりやすいため整腸剤を一緒に飲むことが多いです。痛みが非常に強い場合は鼓膜切開して膿を吸い取ります。

スポンサードリンク