大人は風邪を引くと細菌が鼻から耳へと入り炎症を起こし中耳炎になります

大人は風邪を引くと細菌が鼻から耳へと入り炎症を起こし中耳炎になります

大人の中耳炎の原因はプールの水?について
子供がよくかかる中耳炎ですが、大人がかかることもあります。 大人の中耳炎の原因としては、プールなどで鼓膜に空いた孔から中耳に水が入り、炎症を起こすことが挙げられます。 耳に入った水は放置せず、直ぐに出しましょう。


大人の中耳炎の症状について
大人の中耳炎の症状としては、山に登って気圧が変わった時に生じる耳のつまりに似た症状や、難聴などがあります。 あまり痛みを伴わないのが特徴ですが、放置しておくと鼓膜が奥に引っ込んでしまい、症状が悪化する場合があるので注意が必要です。


大人の中耳炎は自然治癒する場合がほとんどです
大人の中耳炎は急性中耳炎の初期であれば、数日で自然治癒する場合が多いです。 しかし、ひどくなると抗生物質を飲んだり膿を出す手術も必要になってきます。 症状が良くなっても完治するまで治療をすることが大切です。


大人の中耳炎は風邪から?
大人の中耳炎は、風邪が原因で起こることがよくあります。 風邪を引くと、鼻や喉に細菌が侵入しています。 これらの細菌が鼻などと繋がっている耳に入ってそこで炎症を起こすと、中耳炎になってしまいます。 風邪の後、耳に違和感が残る場合は専門医に診察してもらいましょう。


大人の中耳炎の治療方法
大人の中耳炎の治療方法は、抗生物質の投与と耳の中を消毒しながら完治を目指します。 また耳の中に空気を通して治療する方法もあります。 この治療方法は、大人の中耳炎を予防する効果もあります。 耳の中に水が溜まっている場合は、鼓膜を切開して水を抜き取ります。 鼓膜は自然に閉じるので心配はありません。


スポンサードリンク