中耳炎でもプールは一概にダメではなく個人の症状によって入る事ができます

中耳炎でもプールは一概にダメではなく個人の症状によって入る事ができます

中耳炎であってもプールを楽しむことが可能です
いつからか中耳炎の場合はプールに入れないと思われている方が多くいました。実はそんなことはないのです。 急性炎症で発熱がある場合は当然プールに入ることはできませんが、発熱が収まり、風邪症状が落ち着けば入れるようになります。また、滲出性中耳炎の場合、プールに入れることがほとんどです。


1歳の幼児がプールに入って中耳炎
1歳の幼児がプールが原因で中耳炎を起こしてしまった場合、きちんと治療すれば後々に影響するような後遺症を生じることはありません。鼻の状態や耳あかがたまった状態でプールにはいると、耳に入り込んだ水が原因で外耳道炎を起こす可能性も出てきます。


中耳炎にかかった子供がプールに入ってもいいのかどうか
子供が中耳炎にかかった場合、プールに入らせてもいいのか判断に迷います。 一概にダメではなく、個人の症状によって入る事ができます。ただし急性期で、発熱や炎症を起こしている場合は悪化させてしまうので、控えるべきです。 症状を悪化させないよう、医師と相談の上で許可が出てからプールに入らせる事が大切です。


大人の中耳炎プール編
大人の中耳炎は、耳に何かが詰まったような違和感を感じたり、自分の話す声が耳に響くように感じたりします。お風呂やプールに入るときは、耳に水が入らないようにしなくてはなりませんので注意が必要になってきます。


中耳炎の時にプールに入る際に気を付けること
中耳炎にも種類があり、プールを禁止される場合があります。水泳が可能とされた場合にも、いくつかの注意点があります。耳の穴をしっかりと塞ぐ耳栓を使います。そしてスイミングキャップを耳栓をきっちりと覆ってかぶります。耳栓が落ちないようにします。また、飛び込みや潜水はしない方がいいです。

スポンサードリンク