4年ぶりに改訂された小児急性中耳炎のガイドラインとは

4年ぶりに改訂された小児急性中耳炎のガイドラインとは

 

小児急性中耳炎2013年版診療ガイドラインとは
小児急性中耳炎2013年版診療ガイドラインとは、4年ぶりに改訂された小児急性中耳炎のガイドラインです。 小児急性中耳炎の起炎菌や難治化などの病態の変化や予防を含めた治療法など多岐に渡って見直しを行い、改訂しています。

 

 

小児急性中耳炎とは病院の何科で診てもらうか
子供が夜寝ていて耳が痛いと言う事がありますが、小児急性中耳炎を発症している可能性があります。 小児急性中耳炎とは3歳から10歳の子供が発症する急性中耳炎の事です。 病院の何科で診てもらうかというと、夜間病院といって夜間に開いている病院があるので、そこの耳鼻科で診てもらうと良いです。

 

 

小児急性中耳炎の症状の説明をします
小児急性中耳炎は、子供が細菌やウイルスにより引き起こされる中耳炎で、風邪を引いた時が多いです。 症状の説明をしますが、耳痛が主な症状で細菌やウイルスにより発熱も伴います。時には、膿が出てくることもあります。

 

 

小児急性中耳炎の原因について
小児急性中耳炎の原因の説明をします。風邪(鼻炎・咽喉頭炎)が原因となる事が多いといわれています。鼻や喉の炎症が耳に影響を及ぼし、中耳に感染を引き起こします。それから鼓膜の奥に膿がたまり、中耳炎となります。症状は主に耳痛・耳漏・発熱・難聴・めまい等です。

 

 

小児急性中耳炎の治療法とは
小児急性中耳炎の治療方法の解説をします。耳の痛みを訴えた場合、出来るだけ早く専門医での治療を受けることが大切になります。抗生物質を服用する方法や鼓膜を切開する鼓膜切開術が行われます。治療を怠ると慢性化する可能性があるので注意が必要です。

 

スポンサードリンク