中耳炎の膿が固まることで耳鳴りや難聴、耳痛の症状がでることがあります

中耳炎の膿が固まることで耳鳴りや難聴、耳痛の症状がでることがあります

 

鼓膜にたまった膿を出します
中耳炎にかかると膿がたまり、耳痛、発熱などの症状がでます。鼓膜にたまった膿が出てしまえば症状は軽減します。中耳炎の膿の出し方は、鼓膜切開用のメスを使って鼓膜に小さな穴をあけて膿を出す手術を行います。穴はほとんどの場合、自然に閉鎖して元の鼓膜に戻ります。

 

 

中耳炎の膿と切開
中耳炎は、乳幼児の子どもから大人までかかる病気です。 早期の治療は薬の服用と鼻水の除去ですが、悪化すると鼓膜切開で中耳炎の膿を取り除かなければなりません。鼓膜切開後、また鼓膜は回復しますが、切開後の経過治療を怠ると難聴になることもあります。 たかが中耳炎と思わず、病院で確実に治療を完了することが大切です。

 

 

中耳炎の膿が固まると難聴の原因になります
中耳炎は細菌やウイルスが中耳に入り込み感染して炎症を起こす病気です。中耳の感染症が継続、慢性化すると炎症のあとから、中耳炎の膿が固まることで、耳が聞こえにくくなったり、耳鳴りや難聴、耳痛の症状がでることがあります。

 

 

中耳炎の膿の色は黄色
中耳炎を繰り返したり、治りが不十分でいると、慢性(化膿性)中耳炎になる可能性があります。鼓膜にできた穴から細菌が入ることで、中耳炎の膿(黄色)がででてきます。この膿の菌の細菌検査で細菌を特定し、治療する抗生物質を選択します。

 

 

鼻から入ってきた細菌で中耳炎の膿が溜まる
中耳炎は、鼻から入ってきた細菌に感染する事で起こります。 その細菌が鼻と耳をつなぐ中耳で炎症を起こすと膿が溜まり始め、痛みや発熱、耳だれなどの症状を引き起こします。 治療は抗生物質などの薬物治療がほとんどですが、膿を出す為に鼓膜切開などの手術を行うこともあります。 中耳炎の膿が完全になくなり、耳の聞こえが戻る事が完治となります。

 

スポンサードリンク