補聴器の雑音はノイズリダクションで軽減できます

スポンサードリンク

補聴器の雑音はノイズリダクションで軽減できます

 

補聴器の雑音の原因はなにか
補聴器の雑音の原因について説明します。 補聴器自体が、意図的に、雑音を発しているわけではありません。 補聴器は、その場に存在する音を大きくして、聞こえるようにしますが、補聴器をしていないと聞こえない音までも、増幅してしまい、聞こえるようになってしまうのです。 聞きたい音だけを増幅してくれるわけではないため、雑音であると感じてしまうのです。

 

 

補聴器のハウリングについて
補聴器は、鼓膜に音が伝えられ、音が伝達されて行きます。自分の耳に合った物を着けないと耳あなの外に音が漏れ、漏れ出した音は再び補聴器のマイクによって集められます。そうなると、ハウリングという現象が起きます。ハウリングとは音が跳ね返ることで雑音が聞こえることを言います。

 

 

騒音抑制機能がついた補聴器の画像
補聴器を選ぶときは騒音抑制機能がついたものが便利です
騒音抑制機能がついた補聴器は、100%とまではいきませんが騒音と音声をある程度聞き取りやすくするように区分けして騒音が大きく聞こえないように抑えてくれます。 ただしこの機能は、全てのデジタル補聴器についてる訳ではないので、注意しましょう。

 

 

デジタル補聴器にはノイズキャンセル機能がついている
近年のヘッドホンやイヤホン、音楽プレイヤーにはノイズキャンセル機能といって、周りのあらゆる雑音を聞こえないようにする機能がついていますが、その機能は補聴器にもついています。 どの補聴器にもついているわけではなく、デジタル補聴器と呼ばれる補聴器のみについています。

 

 

ノイズリダクション機能がついているデジタル補聴器
デジタル補聴器には、ノイズリダクションという機能がついています。 ノイズリダクション機能とは、周りから聞こえてくるあらゆる雑音を軽減する機能です。 ノイズリダクション機能により周りの雑音が軽減されて、人の声が聞きやすくなります。

 

 

補聴器のデジタル構造とは
補聴器の構造にはいくつか種類がありますが、その内の1つにデジタル構造という種類があります。 デジタル構造とは人の声以外の音が、大きな音で聞こえない構造になっています。 人以外の音とは足音や落下音、音楽や落雷の音等周りから聞こえる音です。 今までの補聴器はそれらの方が大きく聞こえていたため、人の声が上手く聞こえない事がありましたが、デジタル構造の補聴器だと人の声の方が大きな音で聞こえます。

 

 

補聴器のデジタルとアナログの違い
補聴器の種類は大きく分けると、デジタルとアナログの2種類に分かれます。 デジタルとアナログの違いは、デジタルはマイクで拾った音を変換機で処理して伝えるのに対し、アナログはマイクで拾った音をそのまま増幅して伝える形式の物です。

 

 

>デジタル補聴器は軽度難聴から高度難聴までの画像
デジタル補聴器は軽度難聴から高度難聴まで対応
デジタル補聴器はアナログ補聴器に比べて、快適に使用できます。なぜなら、 アナログが雑音まで、全てひろってしまい耳に届くのとは違い、デジタルの方は人の声を拡大して、雑音はなるべく抑えるように設計されているからです。 デジタル補聴器では、軽度難聴から高度難聴まで一つで対応できる商品も販売されています。

 

 

デジタル補聴器の特徴
デジタル補聴器は、調整に超小型コンピューターを使用します。マイクに入ってきた音をデジタル信号に変換して、周波数ごとに様々な処理を行います。ですから、普通の音声の邪魔になる雑音を小さく抑え、聞きやすい形でスピーカーに届けることが可能です。

 

 

ポケット型デジタル補聴器の説明
ポケット型デジタル補聴器とは小型のコンピューターが補聴器の中に入っており、音の種類や音量、各周波数ごとの音の調整が出来るので聴力に合った音で聴く事が出来ます。これは、本体を胸のポケットに入れて使用するものです。

 

スポンサードリンク